SDカードの復元―誤消去・フォーマットしたSDカードを復元する方法

SDカードのデータを誤って削除してしまった、間違えてSDカードをフォーマットしてしまったという経験はありませんか?消えてしまった大事なデータを何とか復元したいですね。そんな時、SDカード復元ソフトを使えば、SDカードのデータを復元できる可能性があります。ここでは復元ソフトを使ってSDカードのデータを復元する方法を紹介します。まずは復元ソフトをダウンロードします。

無料体験版ダウンロード:Best SDcard&Usb Disk Recovery
90%以上業界トップクラスの復元率でSDカードのデータを復元してくれます。

1.SDカード復元の注意事項

SDカード復元作業中にちょっとしたミスで本来復元できる可能性のあるデータが復元できなくなってしまうこともあります。データ復旧ソフトを初めて使う初心者の方は特に犯しやすい過ちですので、作業を始める前に、必ず下の注意事項をお読みください。なお、以下のことを注意しながら作業を行っていけば、SDカードを高復旧率で復元できるでしょう。

1.できるだけ早めに復元作業に取り掛かかりましょう!早ければ早いほど復旧率が高くなります。時間が経つにつれ、データ復旧率がどんどん下がっていきますので、

2.SDカードからデータが消失した後、すぐにSDカードの使用をやめデバイスから取り出してください。SDカードの継続使用は禁物です。

2.復元ソフトを使ってSDカードを復元する方法

なぜ消してしまったSDカードのデータを復元できるのでしょうか?実はSDカードからデータを削除したという操作をした後、 データ実体がまだSDカード存在します、 管理情報のみが消去されてデータは見えなくなるだけです。 この時データ復元ソフトを使えば、見えないですがまだ存在するデータを見える状態にし、復旧することができます。

STEP1:復元ソフトをダウンロード
まずは「Best SDカード復元」というSDカード復元ソフトをダウンロードします。
ダウンロードしたファイルを実行しインストールします。インストールが完了したら、起動させます。
*データの上書きを防ぐため、復元ソフトを復旧するSDカードにはダウンロード・インストールしないように注意しましょう。

無料体験版ダウンロード:Best SDカード復元

SDカード復元ソフト
 

STEP2:復元方法を選択
「高速スキャン」と「完全スキャン」の二つの復元モードがあります、それぞれ異なる状況でのデータ復元に対応します。
「高速スキャン」ー誤って削除した、ウィルスに消された場合は、「高速スキャン」を利用してください。短時間でスキャンしてファイルを検出することができます。
「完全スキャン」ーSDカードが読み込めなくなった、フォーマットした場合、「完全スキャン」利用すれば、従来復元が難しかったデータを復元できる可能性があります。全セクターをスキャンするため時間がかかります。
「高速スキャン」で復元したいファイルを検出できなった場合は、「完全スキャン」で再度スキャンすれば検出・復元できることもあります。

SDカードデータ復元
 

STEP3:復元対象メディアを選択
先に復元するSDカードをパソコンと接続します。パソコンに「リムーバブルディスク」と認識されたら、
「リムーバブルディスク」を選択し「スキャン」をクリックします。

SDカード復元方法
 

STEP4:復元
SDカードのスキャンが完了すると、復元できる可能性の高いファイルの一覧が表示されます。
ダブルクリックすればファイルをプレビューして内容確認できます。内容確認した後、復元したいファイルにチェックを入れ、「復元」ボタンをクリックするとファイルが復元されます。

SDカード復旧
 

※無料体験版は復元の可能性のあるファイルの確認ができます。復元するにはライセンスの購入が必要になります。

STEP5:保存先を設定
復元するファイルを保存する場所を設定します。
*保存先フォルダーを復元するSDカード以外の場所を選択してください。

SDカード復元ソフト
 

以上の手順で作業を進めば、SDカードから消してしまった動画、写真などのデータを復元することができます。

3.復元ソフトを使うのと業者に頼むのとの違い

SDカードを復元するには、復元ソフトを使って自力で復元するほか、業者に頼む手もあります。どっちにすべきかを悩む方も多いと思います。まずは二つの方法のそれぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

1.料金:業者に頼む場合は、最低でも数万円がかかります。復元するメディアとファイルの容量が大きければ、 数十万円がかかるのもおかしいことではありません。成功報酬のケースもありますが、復元に失敗しても料金請求されることも多いです。 これに比べて、復元ソフトのほうが格段安いです。

2.復旧率:業者のほうが復旧率が高いと思いがちですが、実は業者でも100%復元できる保証はありません。一方の復元ソフトは復元技術の進歩により、業者並みの復旧率を実現しています。

3.安全性:復元ソフトを使う場合、自宅でパソコンを使って作業するので、個人情報が漏れる心配がありません。 復元するデータの中にどうしても他の人に見られたくないデータがありましたら、ぜひ復元ソフトを使いましょう。

4.利便性:復元ソフトを使う場合は、自宅でパソコンあれば復元作業が簡単にできます。ソフトのダウンロードから最後のデータ復元まで僅かのステップの操作で完成できます。一方業者に頼む場合、最初の見積もりから、メディアの郵送、最後の支払いまで大変手間がかかります。

5.対応トラブル:復元ソフトは基本的に誤消去やフォーマットなど論理損害のSDカード復元しか対応しません。一方、業者の場合は水没、割れなど物理的な破損したSDカードの復元も修復でき、データを復元できる業者もあります。

6.結論:論理障害のSDかードを復元する場合、復元ソフトを勧めます。水没、割れなど復元ソフトで対応できない物理障害のSDカードを復元するなら、業者に相談してください。

4.業者に頼む場合の失敗しない業者の選び方

万が一、物理損害で復元ソフトを使って自力復元が困難場合は、業者に頼むしかありません。しかし、現実では悪徳業者に騙され、なにも復元できなかったのに高額な費用が請求されたケースも少なくありません。では、どうやって信頼できる業者を選ぶことができるのでしょうか?まずは「データ復旧」と「評判」や「トラブル」、「口コミ」、「比較」などのキーワードを組み合わせて検索してみると、いろいろなトラブル事例がヒットします。それでも判断しきれない場合は、その業者は日本データ復旧協会に加盟しているか否かを確認してください。業者に頼むのでしたら、できれば日本データ復旧協会に加盟している企業からお選びください。悪徳業者や技術力のない企業は加盟できませんのでお勧めします。

関連Tips