USBメモリをフォーマットした時の復元

USBメモリはフラッシュメモリとしてデータの長期保存には不向きですが、携帯便利のため、ファイルの一時保存がよく利用されます。
そんなUSBメモリを間違ってフォーマットしてしまったことで保存したデータが消えたことはありませんか?
今回はUSBメモリをフォーマットしてしまった後のデータ復元方法を紹介します。 

データ復元の注意点:
データが消えてしまったら、すぐにUSBメモリの使用を中止して下さい。 そのまま使用し続けてしまうと復旧確率がどんどん下がってしまうのです。データ復旧はファイルやデータの上書きさえしなければ高確率で復元できます。

データ復元前の準備:
まずはUSBメモリをパソコンと接続します。
パソコンのマイコンピュータを開き、USBメモリが認識されているのかを確認します。うまく認識された場合は、「リムーバブルディスク」が表示されます。

USBメモリをフォーマットした後の復元: 

STEP1:ソフトをインストール
まずは「Best Data Recovery 」をクリックして無料体験版をダウンロードします。
ダウンロードしてインストール完了した後、起動させます。

USBメモリフォーマット
 

STEP2:復元方法を選ぶ
「高速スキャン」と「完全スキャン」の2つの復元方法ありますが、USBをフォーマットした場合は、「完全復元」を選択します。USBメモリの容量にもよりますが、「完全復元」の場合は時間掛かりることもあります。

USBフォーマット
 

STEP3:復元するメディアを選択
先にUSBメモリをパソコンと接続して「リムーバブルディスク」として認識されているので、「リムーバブルディスク」を選択して右下の「スキャン」ボタンをクリックします。

USBフォーマット復元
 

STEP4:復元
USBメモリをスキャン完了した後、復元できる可能性の高いファイルの一覧が表示されます。復元したいファイルにチェックを入れて「復元」ボタンをクリックします。ファイル右側の「目玉」マックをクリックすればファイルをプレビューすることもできます、復元前に内容を確認することが可能です。

USBメモリフォーマット復元
 

STEP5:復元先を設定
最後は復元データを保存するフォルダを選択して「保存」ボタンをクリックします。
指定するフォルダは復元するUSBメモリ以外の場所に指定してください。 復元するUSBを指定すると、データの上書きが発生し、最悪の場合データが破損して復元できなくなります。

USBメモリフォーマット
 

以上がUSBメモリをフォーマットした後のデータ復元方法の紹介でした。
USBメモリを間違ってフォーマットした時は、慌てず以上の手順で作業すれば高確率で復元できます。