[Shift]+[Delete]で削除したファイルの復元

右クリックメニューの「削除」ボタンをクリックしてファイルを削除した場合は、そのファイルは「ごみ箱」というフォルダに移動されます。 誤消去と気づいて復元したい場合は、ごみ箱を開き右クリックメニューの「元に戻す」をクリックすれば復元できます。
しかし、[Shift]+[Delete]でファイルを削除した場合は、ごみ箱には入らず完全削除されてしまいます。この場合で削除したファイルを復元してくれるのは「Best Data Recovery」というファイル復元ソフトがあります。

Best Data Recoveryデータ復元

Best Data Recoveryはファイルを誤って削除してしまった、ゴミ箱を空にしてしまった、HDDをフォーマットしてしまった、パーテンションを削除してしまったなどあらゆるトラブルに対応するデータ復元ソフトです。 [Shift]+[Delete]で削除したファイルも強力復元できます。 
*動画を消去してすぐなら高確率で復旧できます。

[Shift]+[Delete]で削除したファイルの復元:

まずは「Best Data Recovery」をダウンロードしてインストールします。
無料体験版をダウンロードして復元可能性を確認できます。
インストール完了した後、プログラムを起動させます。

[Shift]+[Delete]
 

復元方法を選択します。
「高速スキャン」と「完全スキャン」2つの復元方法がありますが、 今回は[Shift]+[Delete]で削除したファイルを復元するので、「高速スキャン」を選択します。

[Shift]+[Delete]で削除したファイルの復元
 

削除してしまったファイルが保存されていたドライブを選択して「スキャン」をクリックします。

[Shift]+[Delete]で削除したファイルの復元
 

スキャンが終了すると、ファイルできる可能性の高いファイルが一覧表示されます。 左側の「ビデオ」タグにて拡張子のフォルダをクリックすると、右側に動画ファイルが表示されます。 「目玉」マックをクリックして動画を再生して内容を確認できます。確認後、復元したい動画ファイルにチェックを入れて「復元」をクリックします。

[Shift]+[Delete]で削除 
 

最後は復元先を設定して「保存」をクリックします。 復元先を必ず復元元とは別のドライブに設定してください。

[Shift]+[Delete]で削除したファイルの復元
 

最後の最後は復元した動画ファイルを確認して復元されているようなら完了です。