SDカード復元に向けて注意すべき3つのポイント

デジカメ、ビデオカメラ、アンドロイドのスマホに内蔵メモリーの容量に制限があるので、拡張にSDカードを使うのはほとんどです。 それで特別設定しない限り、撮影した写真や動画はすべてSDカードに保存されます。

しかし、SDカードでデータを保存する際に操作を間違ったり、クイックフォーマットしたりしてSDカードに保存している写真や動画などのデータが消えることが多くあります。 又はSDカードの写真や動画をパソコンに移す時、何らかの原因でデータが消えてしまったりすることもあります。

子供の成長、家族揃っての旅、結婚式など大切な思い出が消えていくのはたまらないので、どうしても復元したいですね。
物理的破損でない限り、データ復元ソフトを使って高確率でSDカードの復元ができます。また復元ソフトで復元する際、ちゃんと以下の3つのポイントを抑えれば、より高い復旧率で消えたSDカードのデータを復旧できます。
SDカードのデータ復元の手順は「SDカード復元方法」をご参照ください。

知っておくとSDカードの復元率が高まる3つのポイント  

ポイント1:早い段階で復元作業を
SDカードのデータが消えたことを気ついたら、すぐに復元作業に取り掛かりましょう。早ければ早いほどデータの復旧率が高くなります。 また復元ソフトのインストール先をSDカード以外の場所にしておきましょう。 

ポイント2:データの上書きを回避
データが消失した後にも新しいデータをSDカードに保存したりすると、元のデータが上書きされます、復旧率がどんどん下がります。 データ消失を気付いたら、すぐにSDカードをデジカメやスマホから取り出して、継続的に使用することを避けましょう。 またSDカードの横側にあるボタンをスライドすれば、SDカードがデータの書込みが禁止され、読み取り専用となります。 

ポイント3:復元先をSDカード以外の場所に
復元するデータの保存先を必ずSDカード以外の場所に設定してください。 復元するSDカードに保存するとまたデータの上書きされ、復元できるなくなる可能性もあります。